自分に合った大阪でする最適な二重整形の手術法を探すには

SITEMAP

Double surgery

二重整形の種類とタイミング

女性

現在大阪の二重整形はプチ整形とも言われ、主流の美容整形になっています。二重整形にはいくつか種類があります。
1つは埋没法と言うまぶたを糸で止める方法です。埋没法は1点どめ、2点どめ、3点どめ…と止める数が多くなるほど取れにくくなりはっきりとした二重を作ることができます。しかし数が多くなるほど腫れなどのダウンタイムは長くなります。埋没法に向いているのは、まぶた脂肪があまりない人やアイプチなどで二重の線をつくったりしてある程度クセがついている人です。
もう一つの方法は切開法と言うまぶたを切って二重の線を作る方法です。切開法はまぶたを切ってしまうので一生元には戻りません。もちろんダウンタイムも長くなります。
以前埋没法をやって二重にしたけれど取れてしまった人やまぶたの脂肪が多い人、もともとの二重のラインを広げたい人などが切開法を選ぶことが多いです。どちらにもメリットデメリットがありますがまぶたの状態や体質等によって向いている方法が異なるので、大阪のお医者さんとのカウンセリングが大切になります。クリニックによって費用は大きく異なります。
埋没法が1万円以下でできるところもあれば、同じ埋没法でも20万円以上かかるところもあります。
これもいくつかのクリニックにカウンセリングに行き話を聞いた上で決めるのが良いです。アイプチなどでまぶたが荒れてしまうと大阪で二重整形ができなくなるのでそうなる前にカウンセリングにいきましょう。

半永久的な二重形成ができる全切開法の特徴

大阪で半永久的にくっきりした二重まぶたになりたいと考えている方の中には、全切開法による二重整形を考えている大阪の人も多いのではないでしょうか。この手術法では皮膚を切開して脂肪などの余計な組織を取り除いた後に縫合し、希望の二重ラインを形成することができます。ぱっちりとした二重整形をすることが出来るとともに、特殊な糸を埋没させる埋没法のように数年で元の一重に戻ってしまうことがなく、半永久的に二重まぶたになることができます。
また、埋没法や一部切開の場合だと皮膚にたるみがある場合は対応できないことが多いですが、全切開法では余分な皮膚も切除することができるので、様々な状態の目元でも対応可能です。形成できる二重の種類にも幅が広い平行型や末広がり型、奥二重など色々な形の二重にすることができます。他にも二重形成だけではなく、まつ毛の上の皮膚から余計な脂肪や皮膚を切除することで、まつ毛の向きを下向きから上向きにすることもでき、よりくっきりとした目元にもすることができます。
ただし、全切開法は皮膚を切開する範囲が広いので術後の腫れも強く、回復するのにも時間を要します。更に仕上がりに不満があっても元に戻すことは難しく、修正手術は一層難しくなります。そのため、大阪の依頼者に最適な二重整形の手術法を選んでくれる技術と経験が豊富な医師選びをすることが重要になります。

部分切開法のメリットとデメリット

大阪の二重整形手術の種類のうち、埋没法と全切開法の丁度中間に位置するのが部分切開法です。その大阪での二重整形のメリットとデメリットとしては次のような内容が挙げられます。
まずメリットとしては、埋没法と同様にまぶたの下の皮膚に糸が挿入されますが、切開後に抜糸されたり、最初から体内で溶ける材質の糸が使用されます。そのため、時間の経過とともに糸が出てきて眼球を傷つけてしまうようなリスクがありません。また、切開後の縫合ではしっかりと皮膚組織同士を癒着させるので、埋没法のように数年で一重に戻ってしまうということもありません。ほぼ半永久的な二重を手に入れることが可能です。更に全切開のように広い範囲の皮膚を切開するわけではなく、基本的にはまぶたの皮膚を数ミリから数センチ程度切開するだけなので、術後の腫れも少なくダウンタイムも短期間になります。
一方デメリットとしては、切開部分のまぶたに脂肪が多くついている厚ぼったい状態の方の場合は、多くの組織を切除しなければならず、切開しない部分との間に微妙なずれや凹凸が生じてしまうこともあります。更に加齢によって二重のラインが下がってしまい、二重の幅が狭くなってしまうケースもあります。
これらのメリットとデメリットの両面をよく考慮した上で、大阪で二重整形を受けるかどうかの判断をすることが大切です。


なかなか思い切って二重整形ができないでいる方も多いと思います。手術の内容や費用がいまいちわからずに勇気が出ないといった方は、二重整形が大阪で簡単にできるようになっていますので、こちらで相談してみてはいかがですか。まずは相談からはじめて、不安などを取り除くといいでしょう。そうすれば、思い切って二重整形を行えるようになると思います。

CHOICE

LIST

TOP