自分に合った大阪でする最適な二重整形の手術法を探すには

SITEMAP

Double surgery

タイプ別二重まぶたの印象について

二重まぶたには主に3つの種類があります。日本人に一番多いのが末広型と言われています。
目尻へいくほど二重の幅が広がっていくタイプで、例えばアイプチで自力で二重を形づくる場合は、この末広型が最も自然に仕上がるでしょう。整形であっても、末広型であれば一般的なアジア人の顔にほどよくなじみ、ナチュラルに目元を明るい印象に変えることができると思います。
目頭から目尻まで二重の幅が均等になっている平行型は、とにかく目がぐんと大きく見え、華やかな印象を与えます。一言で表現するなら欧米人の目です。もちろん人それぞれですが、アジア人の大阪人顔には少々暑苦しい印象になるかも。二重整形によって平行型まぶたをつくると全体のバランスから浮いてしまい、違和感を持ってしまうことも多いタイプです。
奥二重型も黄色人種特有の二重のタイプといえるでしょう。一見すると一重まぶたに見えますが、目を閉じたり伏し目がちにすれば二重の線があらわれるタイプです。ほとんど一重と変わらないため目元が地味に見えたり、目つきが悪く見えることから大阪ではコンプレックスに感じる人も多いようです。
大阪で二重整形を受ける場合は、上記のような自分が理想とする二重のタイプを明確に伝える必要があります。その二重整形での目になった自分をしっかりイメージしておきましょう。

CHOICE

LIST

TOP